医薬品を通販で購入するときに注意したい

医薬品を通販で購入するときに注意したい

医薬品を通販で購入するときに注意したい

ドラッグストアなどで販売されている一般用医薬品はインターネット通販で購入することができます。
外出できない、近くに店舗がない、人に見られるのが恥ずかしいなどという場合に利用する方が多いようです。
例えば風邪薬なんかは購入するのが恥ずかしいということもないでしょうが、育毛剤などとなるとプライベートなことなので対面で購入するには抵抗感がある人もいますよね。
そんな時にこそ、おすすめされています。
医薬品の通販というと何か特別なことをしなくてはならないのかと思われますが、通常のインターネットショッピングと変わりないため気軽に利用できるでしょう。
ただ、許可なく販売できるものではないため、医薬品のインターネット通販が開始されるにあたって厚生労働省はガイドラインを設けています。
インターネット通販ができるショップの条件として、医薬品販売許可の認定を受けていることが前提となり、また実店舗を持っていること等いくつかの要件を満たす場合に限りネットショップにて医薬品の通販をすることが認められています。
しかし中には、許可を受けずに販売する違法サイトの存在や薬事法にて認可されていない医薬品の販売を行っているサイトもあるため、消費者自身が何の知識もなく利用できるものではありません。

 

一般用医薬品は市販で買えるものですから、処方薬に比べれば作用が抑えられており安全に使用できるのが特徴です。
とはいえ、一般用医薬品第一類、第二類、第三類の内の第一類と第二類は服薬リスクも高めになっており、体内に入れるものですので安易に購入できるものではないでしょう。
よって、利用者は厚生労働省に認められている店舗を見分けて利用することが求められるのです。
上記のようなことを聞くと医薬品の通販に不安を覚える方もいますが、安全な業者を見極めるのは難しいことではありません。
厚生労働省のホームページにて、インターネット販売が許可されているネットショッピングサイトを検索することが可能となっています。
キーワード検索、地域検索、薬局・薬店の名称検索などから探せるので、各自で調べてから利用をしてみてください。

 

また、実際の購入方法に関しては、先述したように通常のインターネットショッピングと同じシステムですが、第一類と第二類の医薬品購入の際には薬剤師からの情報提供を受けなくては購入できないことになっています。
注文時に薬を使用する人の年齢、性別、症状、持病の有無などの個人情報を伝えることで、薬剤師から薬の用法・用量、注意事項などの情報を提供してもらうことができます。

 

また、分からないことがあればここで質問もできますので、納得できるまで相談してみてください。
やりとりは基本的に全てメールですので煩わしさはありません。
提供された内容を確認し、特に質問等もないようなら内容を理解した旨を返信し、ようやく商品の発送となります。
許可された安全な通販サイトを利用する以上は、特に大きな問題は起きないでしょう。


ホーム サイトマップ