医薬品の通販ができるようになって何が変わったか考えてみる

医薬品の通販ができるようになって何が変わったか考えてみる

医薬品の通販ができるようになって何が変わったか考えてみる

インターネットでの医薬品の通販が解禁になって、市販薬も簡単に通販で買い物できるようになりましたね。
薬というと病気の時にしか使わないものなので今まで考えた事もなかったんですが、今まで通販で買えなかった事が変だったのでしょうか。
そんなわけで、薬がネットで買えるようになると具体的に何が変わるのかというのを考えてみる事にしました。
一番大きな変化というと、やはり家にいながら薬を買えるということですよね。

 

近所にドラッグストアがいくつかありますが、今まで薬を買うためだけに出かけるということはほとんどなかった気がします。
大抵は出かけるついでに寄っていくという感じで、駅前を通る時や食料品の買い出し、病院へ行く時、銀行や郵便局に用事がある時など、他に出かける用事があってドラッグストアの近くを通るのでなければ思い出すことはありません。
市販薬はコンビニや大型商業施設でも売ってますし、常備薬のチェックもほとんどしませんから、わたしにとってはドラッグストアは影の薄い存在でした。

 

通販で買えるようになって、市販薬が少し身近になった

通販はよく利用しますし、様々な商品を簡単に比較できて安くて評判のいいものを選べるのが楽しいんです。
主婦としてはいかにお得に購入できるかというのは、ちょっとした趣味ですよね。
まとめて購入すれば送料が無料になったりポイントがついたり、今までより節約できていると思うと積極的に常備薬のチェックもしたくなってきます。
いくら買っても重たい荷物を持つ必要もなく、家まで届けてくれるというのも嬉しいポイントです。
他に変わったところと言えば、医薬品の知識が以前より身についたというところでしょうか。
ドラッグストアで薬を買う場合は、いつも使っているものを安売りしているから買うという感じで、とくに使い方や注意点など気にしていませんでした。
他の使ったことがない薬とどちらが効くのかとか、どのような症状でどの薬を使うと効果的なのかなど、使う上で必要な情報にほとんど無関心だったんです。
その事自体にも気付いていなくて、薬は風邪気味のときは風邪薬、腹痛の時は胃薬か胃腸薬、頭痛の時は痛み止めと、条件反射的に使ってそれが当然だと思っていました。

 

副作用や併用してはいけない薬があるなんて、少しも気にしてなかったんですよ。
それが、インターネットで口コミや薬の情報が簡単に手に入るようになると、今まで知らなかった事にたくさん気付くようになって、今まで私は危険な薬の使い方をしていたのではと怖くなってしまいました。

 

副作用が起きたという口コミなんかを見ると、服用方法だけ守っていればいいというわけではないということが身に染みましたよ。
風邪薬などは普通に子供にも飲ませていましたから、これからは本当に気をつけようと思います。
これらに気付けたのも医薬品の通販のおかげなので、今までネット解禁されなかったのが不思議でなりません。
これからも上手に通販を利用していきたいです。


ホーム サイトマップ